メインイメージ

自分のアイウェアはシーンによって使い分けたほうが良いかもしれません

メガネは医療器具でもあり、ファッションアイテムでもあります。
度なしのアイウェアを利用する人々もいれば、視力を補うために、メガネを毎日かける人々もいらっしゃいます。
近頃では一つあたりの価格が下がって来ているため、シーンに合わせて複数のアイウェアを使い分けるユーザーがいます。
実際、メガネは一つの製品を無理して使いまわすよりも、環境に合わせて、使い分けたほうが良いものです。
例えば自家用車の運転を楽しむなら、遠くがしっかりと見えるものが最適です。
歩行者や障害物をキッチリと認識出来るように、度が強いタイプが良いかもしれません。
反対にデスクワークを進める際は、少し度を落としたほうが良いと言われてます。
パソコン画面や手元の印刷物にガチっとピントが合ってしまうと、疲労感を得やすくなりますし、人によっては返って視野が狭くなる事があります。
そして最近ではパソコン用のアイウェアが販売されており、視力に有害とされるブルーライトをカットできるレンズが搭載されております。

Favorite

大阪でモノづくり体験するなら
http://designpocket.net/tourism/osakataiken/
Copyright © メガネについて All Rights Reserved.