メインイメージ

ファッションの一部

ひと昔前までメガネと言えば視力を矯正するためのものであり、掛けているとなんとなくインテリに見えて周囲の方たちからなんとなく敬遠されるような感じがありましたが、今ではずいぶんイメージが変わったように思います。
もちろん、視力矯正というのは本来の目的なので変わってはいませんが、フレームの種類がかなり増えて、シルバーやブラックといったインテリに見えるものばかりではなくイエローやレッドなどのとてもポップなイメージのフレームカラーが出て来ました。
レンズの素材も以前はガラスが多かったのですが今ではプラスチックがありますし、そのおかげで昔なら分厚いレンズになっていたものが、とても薄い非球面レンズを作れるようになりました。
そういった変化に伴って、メガネは視力矯正のためのものという意味合いだけではなく、今やファッションの一部のようになりました。
服装に合わせてコーディネートすることも出来ますし、レンズなしのいわゆる伊達ネガネもあります。
色々な種類のメガネを掛けて自由に楽しんでみてはいかがでしょう。

メガネで第一印象をおしゃれに

ひところは伊達メガネが流行して、視力が悪くないにもかかわらずファッションで掛けるというように、おしゃれなアイテムとしての認知が進んでいます。最近ではファストファッションの流れに乗って、価格もお手頃でありながら洒落たものが多く出回っているため、何本も手持ちを揃えることができます。メガネを掛けると顔の印象も大きく変わります。丸いフレームや四角いフレームなどフレームのレンズを縁取る形も様々ですし、レンズも色付きなど種類が色々あります。近視の度が強い人であっても、更に薄く更に軽く更に丈夫にと着々と開発が進んでいるため、メガネを掛けていても重たい感じは無いでしょう。フレームもチタンやアルミ製のメタル素材やプラスチック、あるいはその組み合わせなど、デザインに応じて様々です。黒で知的なイメージにするか、赤でおしゃれな若々しさを演出するか、鏡の前であれこれ掛けてみるのも楽しいものです。量販店に対してフレームを自家工場で製造しているようなブランドでは、レンズが合わなくなったりフレームが古くなって修理が必要な場合にも、部品を交換するなどして長く同じフレームを使い続けることができるようにアフターケアが行き届いているものです。子どものうちは、近視であっても治療などで度数を変えなければならない場合もありますが、成人する頃には視力もそれほど変わらなくなるので、そうそう頻繁にレンズを調整する必要もなくなります。

recommend

鍵交換で身近な防犯対策を!低価格な鍵から高機能な鍵まで対応中

鍵 交換

オリジナルのアイアンカバーで個性を発揮しませんか!ジュニア、BS、オノフ専門店です。

オリジナルアイアンカバーで個性発揮

天然石の産地と工場より高品質のパワーストーンを厳選して工場出荷価格で直送(卸 販売)しております。天然石ビーズ、パワーストーンブレスレットなど20万点以上の品揃えで日本最大級の卸問屋です。

天然石でできたビーズ

格安手数料で、幅広い取扱い商品!

オークション 代行

最終更新日:2015/12/17

Copyright © メガネについて All Rights Reserved.